めちゃめちゃヤバイSnip清水ブログ

答えのない問い

先輩になって困ることのひとつに

難しい質問に答えることがあります

これってどういうことですか?

それはこれこれこういうことですと

答えなくては先輩として恥ずかしいもの

ところが

年を取るにしたがって

だんだんと難しい質問を投げかけられるようになります

さらに管理職などの責任ある立場になると

なおさらです

答えのない問いがあちらこちらから飛んできます

どうしても自分では答えられないと思うと

上司に聞いてみると言ってその場をしのぎ

後日、会社としての見解はこうでしたと答える

これは間違いではありません

しかしこればっかりではもったいないと思うのです

上司になることや責任ある立場になるということは

答えのない問いを投げかけられるということです

だったら一度その問いに真剣に向き合い

自分なりの答えを考えてみるのもひとつです

そうすれば自分が成長できるからです

仕事や人生の中には答えのない問いがいっぱいあります

なぜ働くのか?

この問いに正解はないと思いますが

それについて考えることで自分を磨くことができます

どう答えるかで相手がよしがんばろうと思えば

なかなかいい答えではないかと思います

そう考えると無理難題もまたよしということになります

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。