めちゃめちゃヤバイSnip清水ブログ

仲がいいのではなく同じ想いの人が集まっている

Scroll down to content

昨日は会社説明会でした

スニップの説明をしている中で

発見したことがありました

採用基準が22年間ずっと変わっていないということ

選考方法もずっと変わっていません

ですから

同じ想いの人が入社してきます

お客様からスニップの人はみんな感じがいいと言っていただけるのは

よく似た感じの人が多いからです

経営者が採用してしまうと

今年は〇〇な人材が欲しいとか言って

毎年いろんな人を採用することもできてしまいます

もちろん適材適所で採用することは

組織にとっては必要だと思います

結果いろんな想いの人たちがいる組織になるかもしれません

違う想いの人たちと一緒に仕事をすることは

難しいことだと思うのです

ダイバーシティとは多様な人材のことです

スニップで働く人たちも一人ひとりの個性は違います

いろんな人が働いています

でも想いは同じものがあると思います

だから一緒にいて楽しいのだと思います

赤の他人の集まりである組織ですが

理念の共有があれば

想いでつながっている家族のようなものになれる気がします

採用基準や採用方法が変わらないことが

スニップの文化を創っていると気付いた瞬間でした

img_2914

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。